クラシアンが考える屋外での原因

クラシアンでは、屋外で起こる水のトラブルの原因をしっかり解明します。屋外で多くみられる水回りのトラブルは、排水口にごみや葉っぱなどが詰まって起こるトラブルや、冬場になり屋外では気温が下がり水道管が凍結してしまった場合、水が出なくなります。クラシアンでも修理はしますが、まずは凍結している部分にお湯をかけて給水管や給湯管などを温めることで、凍っていた水が少しずつ溶けていきます。

このような方法で改善される場合もありますが、それでも水が出ない場合はクラシアンに依頼すると修理に対応します。また、屋外に設置している洗濯機の水が出ないといったトラブルに見舞われます。これらの原因は屋外の水道管の問題だけではなく、繋がれているホースや蛇口部分の破損などから起こる問題が多いものです。クラシアンではこのような状況においてはまず原因がどこにあるのかを確認し、他の箇所の点検を行います。

排水ホースや各部品などの破損等でなければ他の部分の問題を見つけます。屋外は、毎日自然環境にさらされていますのでメンテナンスを行う必要がありますが、なかなか日常生活の中では忙しく手が届かない部分になります。クラシアンは依頼を受けると水回りの点検を定期的に行って、修繕が必要になる前にメンテナンスを行います。